« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

術後その3

今日はダンナも一緒に面会~ 父ちゃん大好きな果音なのでとっても嬉しそう~ 母ちゃんの時はそんなに喜んでくれてないんじゃない?って感じでちょっと妬ける。ヾ(°∇°*) オイオイ   面会してると先生が「足も少しつくようになって来てますよ。様子を見て土曜か日曜に退院しましょうか?」・・・・本当~?嬉しい~ でもでも土曜日はダンナはお仕事、ままんちも用事があるかも・・・私は車に乗れないし・・・って事で、ままんちの予定を聞かなきゃねー  ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノCimg1627_

| | コメント (0)

術後その2

毎日持って行くご飯もミルクもちゃんと完食してくれてます。今日は面会ちょっと前にうんPも出たそうですー。 1日1日と目に力も出て来てたま~に笑顔も見せてくれる。明日は病院が休診日なので面会出来ないんだよね・・って事で大量のご飯を今日も持参(*≧m≦*)プププw    今日はお友達のAちゃんも一緒に面会に行ってくれたの~   持参したササミをAちゃんに沢山貰ってご機嫌な果音さんでしたぁ~ Aちゃん忙しいのにありがとうねっ!!

Cimg1621_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

術後その1

今日の朝から食事もOK! 昨日いつも食べてる食事を持参してたので、それを食べさせてもらいました。 面会に行ったら看護婦さんが「果音ちゃん食欲もあって食事も完食でしたよ」 術後だからしっかり食べて体力つけてもらわないとねっ。Cimg1616_

| | コメント (0)

手術当日

今日です・・・昨夜11時から絶食。もちろん水もNG でも何時になくお水を欲しがる果音・・ダメなのよぉ~ 夜中も「喉が渇いたでちゅ。お水さんくだちゃい・・」と起こしに来る。でもダメなのよぉ~ごめんね~    私は朝からお仕事だったので、後はままんちに任せて出勤。ままんちが果音を迎えに行くとバブと一緒のサークルに居たそうな。出勤する時バブは和室のサークルに3ポメはリビングに・・・???しかもしっかり水を飲んでたそうで・・・がーんがーん・・・ま、先生曰く「手術まで時間があるから大丈夫!」だとか。   お仕事が12時までだったので病院へ行って先生とお話をしてきました。ヨロシク<(_ _`*)X(*´_ _)>ヨロシクで、以前からお話してた「乳歯の抜歯と歯石取り」をもう一度お願いに・・・先生曰く「麻酔の状態を見ながら可能であればやりますよ。無理はしませんから」との事。  その辺の判断は先生にお任せして「面会されますか?」と言ってくれたけど、ココはグッと我慢して帰宅。  手術時間は2時過ぎくらいから。どうか途中で電話が掛かって来ません様に。  6時ごろ恐る恐る電話すると「麻酔も覚めてますよー手術も成功です!」やったぁ~!!!「8時頃面会に来てもらっても大丈夫ですよ~」  って事で早速行ってきました。@面会   その時手術の写真を見せてもらいました。骨削って金具入れて・・・  聞いてるだけでも痛そうだよぉ。  でも心配していた骨の変形もなかったそうで一安心。あとはゆっくりでいいから確実に治そうねー。  写真は面会時の果音。Cimg1598_ Cimg1596_

| | コメント (0)

果音の事・・・

どうしようか悩んだけど書く事にします。来週27日果音の手術日です。    実は予定外の妊娠出産のためにシャンプーが出来なかった果音。 離乳も済んだのでOKかな?と思いシャンプーをしようとお風呂場に連れて行ったら・・・・あまりの緊張と恐怖で変なちからの入り方をしたのか突然「ギャン!キャイ~ン!!」 見ると足が変・・・ 暫くすると足は戻ったものの心配で次の日病院へ。結果は「膝蓋骨脱臼でレベル4に限りなく近い3」との事。 実は果音、昨年の秋頃に手術予定だったのだけどオメデタだったので延期になってました。 バブちゃんも小さいし色々悩んだけど思い切って手術する事にしました。 これからバブちゃんも大きくなるしこれ以上酷くなると・・・って考えると怖くて。  辛いだろうけど頑張って乗り切って元気に2バブと遊んで欲しいもん。 きっと果音のこと、きっとバブの事が気になって気になって大変かも・・・   

| | コメント (0)

脱走・・果音編2

自力での脱走のコツを覚えてしまった果音。出る事はできるものの入る事ができなかった・・・でーダンナと相談してバブちゃんを抱っこして柵の向こうに居る果音に見せてみると・・・・

| | コメント (2)

脱走・・果音編

今回は果音の脱走・・・ テレビを見てると「カシャン」って音がしたので見てみると果音がオチリふりふり歩いてく・・柵、開けてた?いや開けてないはず・・・ で、様子を見てると・・・ 

| | コメント (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »